ブランドで探す!

カラコン基礎知識

使う前に知っておきたい!

【カラーコンタクトを買う前に&使う前に】目を大きく可愛く魅せるカラコン!最近は手軽に手に入るようになりました。でも、正しく使わないととても危険なんです!ここでは購入・装着前にいくつか気を付けておきたい点をまとめました。

DIA・BC・Pって何?

DIA・BC・Pとカラコンのパッケージには必ず記載されています。
これは「DIA(レンズ直径)」、「BC(ベースカーブ)」、「P(パワー)」の事なんです。
レンズ直径はレンズの一番外側の透明な部分を含む直径を指します。
市販のカラコンは14mm前後のものが一般的です。
これは好みで選びましょう。
BC(ベースカーブ)はレンズのカーブの度合いを示す数値です。
数値が小さいほどカーブがきつく、大きいほどカーブがゆるくなります。BCが合わないとレンズがズレる原因になります。
市販のものは8.6mm~8.7mmが多いです。
P(パワー)は度数のことで、近視が-、遠視が+で表示されます。
数字が大きいほど度数が高く、度なしの場合は-0.00と表記されます。
たいてい0.25~0.5刻みで最大で-8.00くらいまで幅があります。
度数以外は特にそこまで気にするモノではありませんが、やはり個人差がある様なので自分に合った物を選んで購入した方が良さそうです。

選び方

選び方についてはまず最初は無難に盛れるフチありのブラウン系をオススメします。
品質や値段も口コミをしっかり調べてから買いましょう。また直径が大きからといって必ずしも盛れるわけではないので、自分の瞳に合った大きすぎないものを選びましょう。
全く同じカラコンでも、着ける人の元々の瞳の色が微妙に違うせいか、印象が変わってきます。
着けてみて発見することも多いです。いろいろ試すうちに自然にこれが一番盛れると分かるようになります。
好きなモデルやタレントの使用感をチェックしたりするのも大事ですね。

安全に使用するために

【装着前には必ず検診を受けましょう】
コンタクトを使用する前に、必ず眼科で検診を受けて自分の瞳がコンタクトを着けても大丈夫な状態かどうか調べておきましょう。
視力が悪い人は度を測って貰い、適した物を選ぶ事をオススメします。
【常に清潔に】
カラコンに汚れは大敵です。つける前には必ず手洗いをしましょう。ツメも短い方がお手入れには向いています。
長く伸ばしたツメはカラコンや目を傷つける原因になります。できればツメは短く切り、いつも清潔にしておきましょう。
またカラコンに傷や変形、変色がないかもよく確かめましょう。もし異常が見つかった場合は絶対に使わないように!
カラコンの洗浄方法は使用回数によって様々です。必ず取扱説明書の指示に従って、常に清潔に保って下さい。
【使用時間が決まっています】
カラコンに慣れるまでは少しずつ装着時間を延ばしていくようにしましょう。
初日は1日4時間くらいで、毎日1時間ずつ増やしていき、最大で8時間までにしましょう。
【やってはいけない行為】
また、つけっぱなしで睡眠を取るのは、寝ている間の破損、ドライアイ、さらには雑菌の繁殖の原因にもなり大変危険な行為です。
例え睡眠時間が短くても使用をしない場合は必ずコンタクトを外してください。
中古のカラコンの着用、カラコンの又借り共有も眼病の原因となりますので絶対にやめましょう。
【ソフトコンタクトレンズ?ハードコンタクトレンズ?】
カラコンは全ていわゆるソフトレンズと呼ばれるものです。
目の状態によってはコンタクトレンズを付けられない方、ハードしか付けられない方もいらっしゃいますので、例え度無しのカラコンであってもご自身の瞳がソフトレンズ装用に適しているかを医師にご相談の上ご注文下さい。
特にドライアイ、アレルギー体質の方は注意が必要です。