ブランドで探す!

カラコンの種類

実は多種多様!?

【カラコンの種類って実はこんなにある!?】カラーコンタクトと一口に言っても、実に色々な種類があるんです♪初心者さんに知っておいて欲しい正しい知識(上級使用者さんでも結構知らないかも?)そんなマメ知識まとめてみました!

「度ありカラコン」と「度なしカラコン」

文字通り、度の入ったカラーコンタクトはファッションの他に目の矯正の道具としても使用することが出来ます。
度ありのカラコンは必ず眼科の処方箋に記載された度数のコンタクトを使用しましょう。
時々、度のある普通のコンタクトレンズの上からカラコンを被せて使用する方が居るようですが、目への酸素供給が十分にいかず、ドライアイの原因になったり、目の痒みや不快感の原因になり、最悪目を悪くしてしまいます。
こんな使い方は絶対にしてはいけません。

カラコンの製法の種類とその違い

カラコンは作り方(製法)によって目への負担(酸素供給料、厚み)・着色料の処理方法・値段など仕様が異なります。
メーカーの信頼度・安全性も含めてよく確認してから購入する事をおすすめします。

【キャストモールド製法】着色料とレンズの素材を機械に入れ、圧力をかけて作る製法。薄いが着色漏れが不安。 【セミキャストモールド製法】レンズ外側を着色後、特殊ポリマーで覆いかぶせる製法。薄さ、値段、安全性共に良好。 【サンドイッチ製法】二枚のレンズで着色部分を挟んで作る製法。レンズを二枚重ねるため厚みあり。 【スピンキャスト製法】レンズを回転させながら着色料を注ぎ込む製法製法が特殊な為、値段が高い場合有り。

使用期限の違いとメリット・デメリット

コンタクトには必ず「レンズの使用期限」があります。
よくある使用期間とその特徴をまとめてみました。
メリット・デメリットを比べて是非自分に合ったカラコンを選んでみてください!

1日タイプ2週間タイプ1ヶ月タイプ半年~1年

カラコンの種類と特徴

カラコンは瞳の色を変える以外に、目を大きく見せたり、印象的にしたりと様々な効果があります。
上手く使い分ければ自分の瞳を様々なシーンで演出してくれる優れものになる訳です。

黒コン茶コンフチありフチなし2色グラデーション3色グラデーションマジックレンズ